自らのカラダをデザインして、心からあふれる自信を手に入れる。
女性に向けたボディメイク。

 県下唯一の美しいクビレ・ヒップラインのトレーニングを専門としたパーソナルトレーニング。

HOME ≫ 私が提供させていただくボディメイクと、その考え方③ ≫

私が提供させていただくボディメイクとその考え方③

体重減より見た目。

「とにかく体重を減らしたい」

体重の数字にこだわるお客様が体験に来られたことがあります。

実際に私も選手時代は何度も減量を行い、約3ヶ月で最大13キロ以上を落とした経験があります。

その頃の状態を詳しくお伝えしますと

減量前

体重70キロ(体脂肪率12.8%)

減量後

体重57キロ(体脂肪率5.3%)

とにかくガリガリになります。

0000502900.jpg

※左は当時の貴重な私の写真です。

笑っていますが、ここからまだ3kgほど落としました。




しかし試合が終わって一ヶ月くらいですっかり元通りになります。

キツイ食事制限からの解放で食べますからね。

しかもこの時期はトレーニングをしていても体脂肪率が上昇しやすい状態です。

筋肉も落としてますからね。

そうなると・・・

たるんだカラダになるでしょう。

その状態が「リバウンド」です。

カラダにはホメオスタシスといって元の状態に戻ろうとする機能が備わってます。

血液のpHを一定に保つ働きとしてこの言葉がありますがカラダにも同様の働きをします。

「痩せてもまた太る」のはこのホメオスタシスが原因です。

特に期間が短く、体重を一気に落とすダイエットはリバウンドが激しいです。

特に食事だけのダイエットは、筋肉量が落ちてしまうので結果的に「太りやすい体質」にもなってしまいます。




私は体重の数字にこだわる減量法は提供しませんし、これを望んでいる方には私の考え方をお伝えしますが、場合によってはこちらからトレーニング指導をお断りしています。

特に女性は急激な体重の変化による、カラダへのマイナスの影響の方が大きいです。

ボディメイクが専門である私の考え方は


痩せる≠体重減

痩せる=脂肪減


が正しいです。

あなたの体型をみて、必要なら食事改善に向けたアプローチをさせていただきます。

しかし食事のとり方に問題なければ特別なアドバイスなどはしません。

女性にとって大切な胸、二の腕やお尻の筋肉量が落ちると。

「体重は落ちたけどスタイルがくずれた」となってしまいます。

だから筋力トレーニングなのです!


筋肉量を増やして体脂肪を落とす。

筋トレを頑張って見た目が変化し、スタイルも良くなった。

あれ?体重も減ってる!くらいで考えてもらえればいいかなと思います。

ダイエットの成功には「続ける」

体重は気にしないでとは言っても、体型からダイエットが必要なケースもありますので、私のダイエットに対する考え方をお伝えします。

今はテレビや雑誌、インターネットなどから、様々なダイエット方法を知ることができます。

どんな方法でも・・・とは言いませんが、カラダの生理的な根拠に基づいた方法であれば、あとは時間の問題で、その結果や成果が手に入ります。

時間の問題、つまり
「続ける」ことがダイエット成功への一番の近道なのです。

「続ける」となると、大切なのは根性や意思の力が重要だと思いますよね。

「私は意思や根性がないから・・」

そう思われるかもしれませんが、意思や根性って、実は皆さん同じで、しっかり持っています。

そこには物事のとらえ方や考え方で、意思や根性の強さは変わるんです。

ダイエットとは、ヒトの欲求の中でも一番の根底にある「生存の欲求」にアプローチする行為なのですから(そこだけではありませんが)方法や手段の段階ではコントロールが困難であることは当然のこと。

私の看護師での経験の一つですが、血糖コントロールに向けた教育入院中であっても、隠れてジュースやお菓子を摂取してしまうのも、良くないことだとわかっていますが、そうなってしまうご本人の気持ちは理解できるところもあります。

カラダに悪いとわかっていても、コントロールが困難なのです。

よって、食に対して意思や根性だけで抑え込もうとするのは無理があります。


ひとくくりでお伝えしますと、ダイエットは御自身との心理戦です。
つまり、お思っ切りご自身と関わる行動です。


「このやり方がいいですよ」といった、ご自身の行動心理を無視したダイエットの取り組みが失敗を招くことは、当然の結果です。

看護師として精神内科に従事し、人が受ける刺激に対する反応を学び、心理学の領域を更に深めることで、食事のコントロールに対する気持ちの変化を、私自身の経験の振り返りも含めて論理的に解釈してきました。

よって、私がダイエットに向けたサポートを提供させていただくのは、方法を強制するのではなく、目の前のお客様を理解し、何気なく会話の中でお伝えさせていただくように努めています。

結果を出してきた人から学ぶ。

ダイエットであなた自身に一番効果的なのは、何よりも「経験し、乗り越えてきた人から学ぶ」ことです。

はっきり言って、机上の理論でどうにかなる領域ではありません。

経験して乗り越えてきたからこそ、あなたの気持ちに共感でき、伝えられる言葉があり、背中を押してくれる言葉があります。

私はボクサーとして13年間、ざっと30回以上の減量を経験しました。

私自身の経験から、体重を減らすことに対する様々な方法の実践と結論を持っています。

しかし、ボクサー時代にやってきた方法は大変ですから、お客様には絶対に提供しません。

リバウンドしたカラダは、70kgを超えていました。

逆にいうと、してはいけないダイエットもよくわかっています。


ダイエットの成功とは、何よりも健全さ、健康があって成り立つものです。

現在の私は、リバウンドしていたカラダから、健康的にダイエットをしたことで、ここ数年間の体重は全く変わりません。

身長170cm
体重 65kg

絶好調ですw




サポートさせていただく上で、私の経験が役立っているのは、五感すべてを使って感じ取った、減量に対する自分の喜怒哀楽の感情から逃げずに受け入れてきた「内面性」だと思っています。



正直なところ言いたくない事ですが、恥ずかしながら告白しますと、私は13年間のボクサー生活の中で一度だけ、目的の体重を減らすことが出来なかった経験があります。

ボクシングは、減量を乗り越えて初めてリングに上がることができ、競技できるスポーツです。

自分の事がどうしても許せない経験をしたのです。

しかし今では、ダイエットに取り組むお客様へサポートさせていただく一つのツールとして、役立ってくれてます。


その当時の苦い思い出は、貴重な思い出として、私の心の中に大切にしています。

あなたは、あなたの目指す理想のスタイルになったら、どうなりたいですか?