HOME ≫ 私が提供させていただくパーソナルトレーニング④ ≫

私が提供させていただくボディメイクとその考え方④

ラクではありませんが、苦労は厳禁です。

0000536983.jpg

 

「ラクに早く痩せたい、ボディメイクしたい」は論外です。

うちには来ない方がいい、というかお断りしています。

 


逆に「厳しく管理してほしい」といったお気持ちで来られるケースの方は多数いらっしゃいますが、僕が厳しいトレーナーだと期待されても期待外れなので、先に言っておきます。

僕は超がつく「めんどくさがり」だと思ってます。

信じてもらえませんが。

 

よく寝坊しますし、好きなものも食べます。

例えば筋トレも好きそうに見られるけど、実はそんなに好きではありません。

信じてもらえませんが。

PIC0000ED_コピー_コピー_コピー

僕自身もトレーニングはしてますが、時には「めんどくさ」と思いながらも必ず週に一回はしてます。

ありのまま正直にお伝えしてます。


どうでもいいかもしれませんが、そんな現在の僕(46歳)は大体こんな感じです。

週に一回を習慣化すればスタイルは変わっていく、という参考になればと思います。

これが良いか悪いかはどうであれ、サポートさせていただくトレーナーの僕も、ある程度の見た目は重要だと思ってます。


たとえ太っていなくても細いだけとか、だらしないスタイルのトレーナーに正しいことを言われても説得力、というか信頼性がないのは明らかです。

言葉だけなら、誰でも何とでも言えますから。
その言葉を言っている人が、その言葉に伴った姿や雰囲気を持っているか?


過去の実績はあまり参考になりません。
「昔はすごかった」←僕はこの言葉を嫌います。

トレーナーの「現在の姿」が、サポートを受けようと思っているあなたにとって、大切な判断要素だと思っています。

正しい言葉だけを鵜呑みにするのではなく、その人がどんな人であるか、どんな人が何を話しているか?


それを言えるぐらいの姿や雰囲気を持っているか?
ここは人を見る上でとても大切です。


お客様に実施してもらっていることは、僕もやってます。
お客様に実施してもらってないことは、僕もやりません。
扱う重さが違うだけです。


こんな僕でも筋トレは継続しています。
僕は筋トレを、好き嫌いよりも必要だと思っています。

筋トレで得られた「数えきれない恩恵」があるから、週に一回の筋トレを習慣化しているだけのことです。
具体的に何が、と書くのが「めんどくさい」くらい、たくさんの恩恵があります。



そんな僕のことを、周りの人は「自分に厳しい人」とか「苦労人」とかの印象を持つみたいです。
よく言われます。

心から正直に言いますが、僕は苦労もしてなければ自分に厳しくもありません。


周りからはそう見えるんでしょうね。
なぜそう見られるのかもわかってますし、もう慣れました。

 

 

こんな伝え方をすると、これを読んでいるあなたはもしかしたら

「根がめんどくさがりならあかんわ」って、なるかもしれません。

それはそれで構いません。

めんどくさがりだけでなく、グータラなのも自分で認めていますから。


でも、そんな僕の立場でさらに言わせてもらうと。

ラクを選んでいるうちは、ロクなことはありません。
しかし苦労して結果を出したら、もっと苦労します。



どちらにしても結果の先は、常に元に戻る力が働くでしょう。

tempImageOsGVTM_コピー_コピー

現在もうちに来られてますお客様は、苦労せずに自分を結果に導いて来られました。

だからダイエットされてからもリバウンドは起こらないんです。


 

「ラクをしない代わりに、苦労をしない決意」
理由は後からでもいいので、これで始めたらいい。



そんな「苦労厳禁」で導くサポートをさせていただくのが僕の役割なんですから。


あなたに苦労は絶対にさせません。
なのであなたもラクはしないけど「苦労しよう」とはしない気持ちでやるんです。

あなたにも「そんな自分になれますよ」と自信を持ってサポートをさせていただいてます。


 

なんか言葉自体が矛盾してて怪しいから疑ってしまいますよね。

個人差もありますが、誰でもできるプロセスです。

結果よりもプロセス。

 

『結果が目的となってはいけません。

結果は目的の「通過点」であり、本当の目的は結果の先にあるんです。

それを「理想」と言います』

 

 

 

体験でも当然ながらあなたの目的を必ずお聞きします。

だからと言って、何でも叶えられるわけではないので、その目的はあなたにとって妥当かどうかなど、カウンセリングでお話しを進めていき、お互いが納得の上でトレーニングが始まります。
 

 

始まってからの僕は、あなたの「結果」を意識することをやめます。

 

結果は必ずプロセスの先にありますので、僕が足並みを揃えるところはあなたの「今」であり、今のあなたから結果までのプロセスにサポートします。


 

あなたは御自分の結果に向けて「今」を行動される。

僕は、その「今」をサポートする。

 

結果はお客様御自身が出していくものです。

 

そして結果が出てからが、あなたにとっての本領ではないでしょうか?

結果を出したからとそれで終わりではないですよね。
 

終わりならその先の道は「下り坂」になる可能性が高い。

リバウンド対策のことではありません。

 

 

その結果からあなたがこれからの日常をどう作り上げたいか?

それがあなたにとって真の目的、つまり「理想」のはずですよね!