自らのカラダをデザインして、心からあふれる自信を手に入れる。
女性に向けたボディメイク。

 県下唯一の美しいクビレ・ヒップラインのトレーニングを専門としたパーソナルトレーニング。

HOME ≫ 私が提供させていただくボディメイクと、その考え方② ≫

私が提供させていただくボディメイクと、その考え方②

基本的に小さな筋肉のみの筋トレは行いません。

結論からお伝えしますと、大きな筋肉を動かせば、必ず小さな筋肉に連鎖して負荷をかけることができます。

※大きな筋肉とは
胸(大胸筋)
背中(広背筋)
お腹(腹直筋)
腰(脊柱起立筋)
太もも前(大腿四頭筋)
太もも後(ハムストリングス)

逆に小さな筋肉のみに負荷をかけても大きな筋肉には届きません。

よって、意図的に小さな筋肉に負荷をかけないような工夫をして取り組んでもらうこともあります。

大きな筋肉を優先的に使えるように意識していただくことで、連鎖的に小さな筋肉も引き締まっていくのです。

腹筋トレーニングは全くしません。

「クビレをつくる」
「お腹をへこます」

腹筋をしているのにへこまない、引き締まらないお腹。


実は腹筋って、日常の様々な場面で使われています。

つまり、お腹の筋肉は皆さんそれなりに持っているものです。


腹筋トレーニングを何十回、何百回やっても、お腹周りは理想通りの形にはなりません。

余談ですが、私のボクサー時代はこれでもかと腹筋をしましたが、やりこんでいるうちに腹筋トレーニングは必要ないことに気づき、それからは全くやらなくなりました。

でもお腹周りは引き締まってましたよ。
※今も腹筋トレーニングは一回もしませんが、ちゃんと割れてますw

お腹周りを引き締めるには、筋肉も使うことも大切ですが、脂肪燃焼へのアプローチの方が重要です。

脂肪の燃焼に対しての私の考え方は。

ジョギングやウォーキングなどの有酸素運動では、時間と頻度が多すぎるのでやりません。

サーキットトレーニングではフォームへの意識が曖昧になりやすく、特に筋トレの経験が少ない女性へのボディメイクの視点からも、効果は少ないと考えます。



食事改善が一番効率的です。

腹筋に時間をかけるなら、バーベルでのスクワットのセット数を増やし、食事改善のサポートをさせていただいてます。

お腹の引き締めに対して、腹筋トレーニングをするのは、私の提供させていただくトレーニングメニューにはありません。

シューズは使用しません。

0000445625.jpg
つまり、裸足で取り組んでいただいてます。

カラダは土台から意識して使うこと、つまり「足の裏から」

あなたは普段、靴下や履き物で、足の裏、特に指を意識したことがないのでは?

指を上手く動かせない方は多いです。

足裏や足指が上手くつかわれていないと、正しい重心の取り方がつかめません。

つまり、支える骨格や筋肉、全身のスタイルに影響します。

普段はシューズを履いて行動しているのが当たり前な現在は、足の指が上手く動かすことができず、カラダを支える重心がブレている状態が考えられます。

裸足でしっかりと足の裏、指を意識しながら取り組んでいただくことで、魅力的な曲線美を作り上げる筋肉を使うことができるのです。